初のオンラインコース!

こんにちは。

心理カウンセリング想月で、また新たな試みです!

NHA(こころを育てるアプローチ)のオンラインコースができました。

今回は、自分編です。

自分にどうしても自信がもてない、

不安感、怒りが強いけれど、どうしていいかわからない、

他人の目が気になってしまう、

カウンセリング行くのは、抵抗がある、

などなど

ご興味のある方は、ぜひ、受けてみてください!

今なら、10月までキャンペーン中で、

少しリーズナブルに受けられます。

詳しいことは、こちらから。

http://so-getsu.sakura.ne.jp/wp/nha-onlinecourse-selfcare/

スポンサーサイト

お待たせしました!

とうとう!いよいよ!「きせき~のぼるは小学5年生~」が、amazonにて10月初旬に発売予定!!

本当に長らくお待たせしました。応援してくださっていた方、ここまで待ってくださって本当に感謝です。

この本は、私が子どものカウンセリングを通して、子どもたちに伝えたいことがたくさんつまっています。子どものカウンセリングってどんなことをするのか少しでもヒントになればうれしいです。感情の大切さ、怒りのコントロール、自分の想いを伝える方法、恐怖心について、などなど。どうやって、主人公ののぼるくんが、自分のことを大切に思えるようになったのか、物語を通して、楽しんで読んでくだされば、これ以上ない喜びです。

窪田てるみさんの優しさあふれるイラスト付きです。

無事に!

先月に無事に女の子を出産しました!

報告がおそくなり、

すみませんでした。

もしかするとご心配かけた方も

いらっしゃるかもしれません。

個人的にご連絡できなかった方、

すみませんでした。


育児は試行錯誤の連続ですね。

これを読んでくださっているお母さん、お父さん、

ご自身が何気なくやっている日常の育児、

それって実はすごい偉業を

成し遂げていることを実感してくださいね〜!

もちろん、育児だけが偉業なわけではないですが。

育児は一つの体験として、

私自身を育ててくれている大きな学びです!


お知らせ

今日は2つほどお知らせです。😄

1つ目は、

長らくお待たせしている

「きせき」のぼるは小学5年生の書籍化のことです。

当初、春ごろに出版予定でしたが、

少し遅れていて、

夏か秋ごろになりそうです。🌼

待ってくださっている方たち、

その忍耐力に感謝です。⭐️

あともう少しお待ちください。🙏🏻



二件目のお知らせは、

かなり私ごとではありますが、

6月から、一年間の産休に入りました。

ただでさえ、遅れ気味のこのブログ、

さらに遅れ気味になるかもしれませんが、🙄

引きつづき、

よろしくお願いします。😁

だれかを支えること

最近、私自身と家族が忙しくて

かなりバタバタしています。

そんなときに、

なかなか優しい気持ちになれず、

売り言葉に買い言葉で、

イライラをお互いにぶつけてしまったり、

「もう、やだ!」と、逃げ出したくなったり。。

嫌味を言いたくなったり、

逆に、イライラをぶつけられたり。。

家族だからこそ、でてくるのでしょうが、

かなり大変ですよね。

私も相手がとても大変な状況だとわかってはいるのですが、

自分も余裕がないと、

どうしても、イライラだけつのってしまいます。


そんなとき、みなさんはどうしていますか?

とにかく、深呼吸!

と、やってはいるのですが、

ため息に変わってしまったり。。

こんなときに、いろんな引き出しをもっているといいかもしれません。

たとえばですが、

まずは、自分のケアをする。

これは、

 マッサージに行く、

 夜早めに寝てみる・昼寝をする、

 おいしいものを食べる、

 ヨガなど体が気持ちいいことをしてみる、

などの体のケアも、

 一人の時間を作る、

 ゆっくりする時間をわざと作る(忙しいときだからこそ!)、

 話を聴いてもらえる人に話す、

など、こころのケアも含めてのセルフケアです。

また、少し振り返ってみて、

自分がどれだけがんばってきたのか、

成しとげてきたのかを

自分に認めてあげることも大切かと思います。

それは偉業でなくていいのです。

今日、つかれていたかもしれないけれど、朝食後に食器を洗った、とか

昨日はつかれていたから、残業をしないで帰ってきた、とか

宿題をなかなかやらない息子に対して、距離を置いた、とか

そんなことでいいのです。

そんな自分に気が付いた瞬間に、

余裕がうまれてきます。

なにより、他の人を支える、ということは、

自分に余裕がなければ、決してできないことです。

だから、支えようと思っている自分、

自分を大切にしている自分、

一番に認めてあげましょう!

私もこのブログを書いたので、

相手が忙しくて、自分も忙しいのに、

支えようと思っている

自分のふところの深さを実感してみようと思います!

NHA(こころを育てるアプローチ)の自分編やってみて

3月に行ったNHA(こころを育てるアプローチ)自分編が無事に終わりました!

参加者のみなさん、とても真剣に聴いてくださって、

そしてペアワークなども真摯に取り組んでくださいました。

本当にありがとうございました!

私もとても楽しく、充実した2日間の講座でした。

下にアンケートに書いてくださったこと、少し抜粋します。

すてきなコメントをありがとうございます。

みなさんがNHAを自分に使うということがどんな感じなのか、

実感してくださったのが分かります。

このNHAは、自分のことをありのまま認める

ありのままの自分を大好きになる、

そんなことを促してくれる

とても具体的で実践的なツールだと、

今回あらためて思いました!

NHAの詳しいことは、こちらから



・日常の小さな小さなこと、当たり前のことに光を当て拾い上げて頂いた体験は素敵でした!

 そしてペアを組んでくださった方との間に架け橋がかかり、心の底から尊敬する気持ちになりました。

 人との交流の楽しさ、人間の素晴らしさに気付きました。

・「やってみる」ことの大切さを感じました。

 本を読んで「わかった」と思っても本当に分かっていた訳ではないのですね。

 今日のワークで、承認、称賛される嬉しさ、感動は私の宝物です。

 これから自分にも家族や周りの人にも続けていきたいと思います。

・自分で良いんだと思えるようになった。

・自分に対するNHA、ということで、たくさんお話をお聴きして新しい発見がたくさんありました。

 自分像のポートフォリオを変えていける(そーっとかえるというのが気に入りました!)というのは大きな希望になりました。

誰かを心配すること

だれかに大丈夫かな、と

心配になることはありませんか?

こんなことにならないかな?

あんなことにならないかな?

マイナスなイメージがわいてきて、

とても心配になること、ありますね。

ある日、私はこんなことを聞きました。

だれかを心配することは、

だれかにガラクタを送るようなものだ、と。

え~!?と、そのとき思ったのですが、

心配するって、

その人のチカラや能力を信じていない、ってことになりますよね?

マイナスなイメージをしているのですから、

そうなる可能性を考えている、ってことは、

その人がそうなる可能性がある、

その人がそれに立ち向かうチカラがない、って

どこかで思っていることになります。

だれかを大切に思っているからこそ、

心配する感情は大きくなることもあると思います。

でも、今度からは、心配というガラクタではなく、

信頼という光を

その人に向かって送ってみませんか?

私も心配は必要ないんだ、と分かっていながら、

ついつい(?)心配してしまうことがあります。

そんなときは、その人に向かって、

光を送るようにしています。

そうすると、自分の中にあった

マイナスなイメージがなくなっていき、

安心感がうまれてきます。

これって、その人に対しても

そして自分に対しても

信頼感なんだな、と思います。

プロフィール

想月

Author:想月
このブログを訪れていただいて、ありがとうございます。

静岡市にある心理カウンセリング想月にて心理カウンセラーとして勤務している3人が、ブログを書いています。

こころのケアが大切というけれど、
「カウンセリングってなんだろう?どんなことするんだろう?」
と思われる方も多いと思います。

「癒し」にはいろんな形があります。

このブログを通して、その中のひとつとしてのカウンセリングを紹介できるといいな、と思っています。

想月のサイトは、こちらです。
www.so-getsu.com

リンク
Ranking
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR