お知らせ

今日は2つほどお知らせです。😄

1つ目は、

長らくお待たせしている

「きせき」のぼるは小学5年生の書籍化のことです。

当初、春ごろに出版予定でしたが、

少し遅れていて、

夏か秋ごろになりそうです。🌼

待ってくださっている方たち、

その忍耐力に感謝です。⭐️

あともう少しお待ちください。🙏🏻



二件目のお知らせは、

かなり私ごとではありますが、

6月から、一年間の産休に入りました。

ただでさえ、遅れ気味のこのブログ、

さらに遅れ気味になるかもしれませんが、🙄

引きつづき、

よろしくお願いします。😁
スポンサーサイト

だれかを支えること

最近、私自身と家族が忙しくて

かなりバタバタしています。

そんなときに、

なかなか優しい気持ちになれず、

売り言葉に買い言葉で、

イライラをお互いにぶつけてしまったり、

「もう、やだ!」と、逃げ出したくなったり。。

嫌味を言いたくなったり、

逆に、イライラをぶつけられたり。。

家族だからこそ、でてくるのでしょうが、

かなり大変ですよね。

私も相手がとても大変な状況だとわかってはいるのですが、

自分も余裕がないと、

どうしても、イライラだけつのってしまいます。


そんなとき、みなさんはどうしていますか?

とにかく、深呼吸!

と、やってはいるのですが、

ため息に変わってしまったり。。

こんなときに、いろんな引き出しをもっているといいかもしれません。

たとえばですが、

まずは、自分のケアをする。

これは、

 マッサージに行く、

 夜早めに寝てみる・昼寝をする、

 おいしいものを食べる、

 ヨガなど体が気持ちいいことをしてみる、

などの体のケアも、

 一人の時間を作る、

 ゆっくりする時間をわざと作る(忙しいときだからこそ!)、

 話を聴いてもらえる人に話す、

など、こころのケアも含めてのセルフケアです。

また、少し振り返ってみて、

自分がどれだけがんばってきたのか、

成しとげてきたのかを

自分に認めてあげることも大切かと思います。

それは偉業でなくていいのです。

今日、つかれていたかもしれないけれど、朝食後に食器を洗った、とか

昨日はつかれていたから、残業をしないで帰ってきた、とか

宿題をなかなかやらない息子に対して、距離を置いた、とか

そんなことでいいのです。

そんな自分に気が付いた瞬間に、

余裕がうまれてきます。

なにより、他の人を支える、ということは、

自分に余裕がなければ、決してできないことです。

だから、支えようと思っている自分、

自分を大切にしている自分、

一番に認めてあげましょう!

私もこのブログを書いたので、

相手が忙しくて、自分も忙しいのに、

支えようと思っている

自分のふところの深さを実感してみようと思います!

NHA(こころを育てるアプローチ)の自分編やってみて

3月に行ったNHA(こころを育てるアプローチ)自分編が無事に終わりました!

参加者のみなさん、とても真剣に聴いてくださって、

そしてペアワークなども真摯に取り組んでくださいました。

本当にありがとうございました!

私もとても楽しく、充実した2日間の講座でした。

下にアンケートに書いてくださったこと、少し抜粋します。

すてきなコメントをありがとうございます。

みなさんがNHAを自分に使うということがどんな感じなのか、

実感してくださったのが分かります。

このNHAは、自分のことをありのまま認める

ありのままの自分を大好きになる、

そんなことを促してくれる

とても具体的で実践的なツールだと、

今回あらためて思いました!

NHAの詳しいことは、こちらから



・日常の小さな小さなこと、当たり前のことに光を当て拾い上げて頂いた体験は素敵でした!

 そしてペアを組んでくださった方との間に架け橋がかかり、心の底から尊敬する気持ちになりました。

 人との交流の楽しさ、人間の素晴らしさに気付きました。

・「やってみる」ことの大切さを感じました。

 本を読んで「わかった」と思っても本当に分かっていた訳ではないのですね。

 今日のワークで、承認、称賛される嬉しさ、感動は私の宝物です。

 これから自分にも家族や周りの人にも続けていきたいと思います。

・自分で良いんだと思えるようになった。

・自分に対するNHA、ということで、たくさんお話をお聴きして新しい発見がたくさんありました。

 自分像のポートフォリオを変えていける(そーっとかえるというのが気に入りました!)というのは大きな希望になりました。

誰かを心配すること

だれかに大丈夫かな、と

心配になることはありませんか?

こんなことにならないかな?

あんなことにならないかな?

マイナスなイメージがわいてきて、

とても心配になること、ありますね。

ある日、私はこんなことを聞きました。

だれかを心配することは、

だれかにガラクタを送るようなものだ、と。

え~!?と、そのとき思ったのですが、

心配するって、

その人のチカラや能力を信じていない、ってことになりますよね?

マイナスなイメージをしているのですから、

そうなる可能性を考えている、ってことは、

その人がそうなる可能性がある、

その人がそれに立ち向かうチカラがない、って

どこかで思っていることになります。

だれかを大切に思っているからこそ、

心配する感情は大きくなることもあると思います。

でも、今度からは、心配というガラクタではなく、

信頼という光を

その人に向かって送ってみませんか?

私も心配は必要ないんだ、と分かっていながら、

ついつい(?)心配してしまうことがあります。

そんなときは、その人に向かって、

光を送るようにしています。

そうすると、自分の中にあった

マイナスなイメージがなくなっていき、

安心感がうまれてきます。

これって、その人に対しても

そして自分に対しても

信頼感なんだな、と思います。

NHA(こころを育てるアプローチ)講演会&ワークショップのお知らせ

まだまだ冬まっただ中ですね。



今日は、NHA(こころを育てるアプローチ)の講演会とワークショップのお知らせです。



2月22日(水)に、NHAの子育て編の講演会を行います。

こちらは、NHAについてよく知らない方にとってもいい講演会です。

子育ての中でお困りの方、

この逆転のコミュニケーションを学んでみませんか?

詳しくはこちらから



そして、今回は、新しい試みで、NHAを自分に使ってみる編をやります。

3月5日(日)が講演会。

講演会は、NHAとは何か、どう自分に活用するのか、理論をお話しします。

そして、3月19日(日)と26日(日)両日で、

ワークショップを行います。

このNHAを自分に実際に活用する実践編になります。

自己肯定感が低いな、

カウンセリングは少し抵抗があるな、

という方にぴったりです。

詳しくは、こちらから。


なんと、今回は、すべての講演会・ワークショップで、

静岡に来ることができない方でも

ライブでの動画でご参加いただけます!

「すべてはうまくいく」

遅くなってしまいましたが、

どうぞ今年もこのブログをよろしくお願いします。



さて、今年はじめての投稿は、

「すべてはうまくいく」

私がよく考えるようにしている

おまじないのような言葉です。

前回に書いたような前にすすむ道がわからなくなったとき、

なにかに混乱したり、迷ったりしたとき、

「どうなってしまうんだろう」と不安になったとき、

将来が見えなくなったとき、


「すべてはうまくいく」

と、心の中で、

口にだして、

つぶやきます。

この言葉をつぶやくと、

体の緊張がぬけて、

肩の力がぬけて、

「そうだった、なにも心配することはなかったんだ」

と思い出します。

この言葉は、

こころ、体、スピリットすべての面から

たくさんの情報を発信しているHay House(出版やラジオなどをしています)の

創始者のLouise Hayさんから私は学びました。

彼女は、アファメーション(自分にやさしい肯定的なメッセージを送ること)を

世界に広めた方でもあります。

以前に、Hay House主催のセミナーに参加したときに、

このアファメーションのカードが一緒に入ってきたのでした。

それ以来、この言葉を思い出せるように、

お部屋にかざってあります。


もう少し長く紹介すると、こんな感じです。

All is well. すべてはうまくいく

Everything is working out for my highest good. 私の至高のために、すべてがまわっている

Out of this situation only good will come. この状況からうまれるのは、すばらしいことだけ。

I am safe. 私は安全

(日本語訳は私が添えました)


自分の思考が自分の現実を作っていくこと、

自分の人生に身をゆだねること、

ポジティブな思考を選んでいくこと

そんな大切さを思い出させてくれる言葉であります。

なにか不安がでてきたとき、

この言葉をつぶやいてみませんか?

あたたかい陽だまりような道が

きっと見えてくるはずです。

自分のすすむ道がわからなくなったとき

何か大きな転換期のとき、

自分がどうしたいのかわからなくて、

迷うことって、よくありますよね。

仕事をやめようか、続けようか迷っているとき、

パートナーと別れたほうがいいのか、今のままのほうがいいのか迷っているとき、

どこの大学・高校に受けようか迷っているとき、

引っ越しをしたほうがいいのか迷っているとき、

家を建てようか、賃貸のほうがいいのか迷っているとき、

カウンセリングを受けたほうがいいのか迷っているとき

などなど、まだまだたっくさんあるでしょう。

どちらがいいのか、

考えても

考えても

考えても

答えがでなくて、しんどいときがあると思います。


まず、迷うこと、混乱することは、

けっして悪いことでも、

弱いことでもありません。

むしろ、新しい考え方が入ってきた証拠だと思います。

今までの考え方や視点とちがう

新しい考え方や視点が入ってきたからこそ、

そこで葛藤がでてきて、

混乱するのです。

だから、混乱していいのです。

そんなときは、ゆっくり答えがでてくるのを待ってみましょう。


また、本当は自分がどうしたいのかは、

自分のこころだけが、答えを持っています。

それは、自分の「直観」でもあります。

まず、そっと目を閉じてみましょう。

そして、何回か、ゆったりと呼吸をしてみましょう。

体がふっとリラックスしたら、

胸のあたりに手のひらをのせてみます。

そして、自分が迷っていることを「想像」してみます。

たとえば、引っ越しをするかどうか迷っているときは、

今の家に住み続けるところを想像します。

想像したときに、でてきた感情や感覚はありますか?

もし、ワクワクする感じ、安心する感じ、あったかい感じなど

居心地のいい感じがしたら、

それが自分の答えです。

もし、重たい感じ、いやな感じ、もやもやする感じなど

あまり居心地のよくない感じがしたら、

それが自分の答えです。

また、新しい新居に引っ越しをしたときの想像もしてみましょう。

同じように、自分の感情や感覚が

自分のこころが望んでいる答えを教えてくれます。

その答えを信じて、行動にうつしてみましょう。

きっと、でもかならず、うまくいきます。
プロフィール

想月

Author:想月
このブログを訪れていただいて、ありがとうございます。

静岡市にある心理カウンセリング想月にて心理カウンセラーとして勤務している3人が、ブログを書いています。

こころのケアが大切というけれど、
「カウンセリングってなんだろう?どんなことするんだろう?」
と思われる方も多いと思います。

「癒し」にはいろんな形があります。

このブログを通して、その中のひとつとしてのカウンセリングを紹介できるといいな、と思っています。

想月のサイトは、こちらです。
www.so-getsu.com

リンク
Ranking
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR